トップページ市民の皆様へロタウイルスワクチン接種について

市民の皆様へ

ロタウイルスワクチン接種について

令和2年10月1日よりロタウイルスワクチンは定期接種になりました
対象者
札幌市内にお住まいの令和2年8月1日以降に生まれた乳児
ロタリックス(1価):出生6週~24週
ロタテック(5価):出生6週~32週
→詳しくは札幌市のホームページをご覧ください。
接種回数及びスケジュール
以下ワクチンのどちらか一方をお選びいただけますが、途中で変更はできません。
スケジュール
接種費用
対象者が札幌市の実施医療機関で接種した場合は、無料です。
※10月1日以降に接種した分が対象です。(9月30日以前の接種は有料です)
※接種を希望する場合は、必ず実施医療機関にお問い合わせください。
ロタウイルスワクチン接種実施医療機関名簿
Q&A
ロタウイルス胃腸炎とは?
ロタウイルス胃腸炎は、ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気です。感染力が非常に強く、激しい下痢や嘔吐を起こします。入院や合併症を起こすこともあります。
どのようなワクチンですか?
ロタウイルスワクチンには、ロタリックスとロタテックの2種類があり、どちらも飲むタイプの生ワクチンです。2種類とも予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なり、途中で種類を変更することはできません。
腸重積症とは?
腸重積症とは、腸の一部が隣接する腸にはまりこみ、閉塞状態となってしまう病気です。ワクチン接種の有無にかかわらず起こる病気で、0歳児は月齢が上がるにつれて多くなります。ロタウイルスの接種を受けてから約1~2週間は腸重積症のリスクが高まるといわれています。接種を受けてから、「泣いたり不機嫌になったりを繰り返す」「嘔吐を繰り返す」「ぐったりして顔色が悪くなる」「血便がでる」などの症状が一つでも見られた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。また、腸重積症のリスクを避けるため、初回接種は生後2か月から出生14週6日後までに受けましょう。