トップページ市民の皆様へ日本脳炎ワクチン接種について

市民の皆様へ

日本脳炎ワクチン接種について

平成28年4月1日より日本脳炎ワクチンは定期接種になります
対象年齢及び接種回数
札幌市内にお住まいの対象年齢の方
①平成21年10月2日以降に生まれた方
○第1期:生後6か月~90か月(7歳6ヶ月)の間に3回
初回接種:2回 ※標準的な接種年齢:3歳
追加接種:1回 ※標準的な接種年齢:4歳
○第2期:9歳以上13歳未満(13歳の誕生日の前日まで)の間に1回
※標準的な接種年齢:9歳
②特例措置対象者
平成08年04月02日~平成19年04月01日までの間に生まれた方で、20歳未満の方
平成19年04月02日~平成21年10月01日までの間に生まれた7歳6か月未満又は9歳~13歳未満の方
→詳しくは札幌市のホームページをご覧ください。
スケジュール
基本スケジュール
接種費用
対象者が札幌市の実施医療機関で接種した場合は、無料です。
※接種を希望する場合は、必ず実施医療機関にお問い合わせください。
日本脳炎ワクチン接種実施医療機関名簿
Q&A
日本脳炎とは、どのような病気ですか?
日本脳炎ウイルスの感染によっておこる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患です。ヒトからヒトへの感染はなく、ブタなどの動物の体内でウイルスが繁殖した後、そのブタを刺したコガタアカイエカ(水田等に発生する蚊の一種)などがヒトを刺すことによって感染します。
東アジア・南アジアにかけて広く分布する病気です。
日本脳炎の病状はどのようなものですか?
症状が現れずに経過する(不顕性感染)場合がほとんど(過去には、100人から1000人の感染者の中で1人が発病すると報告されています)ですが、症状が出る場合には、6~16日間の潜伏期間の後に、数日間の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、引き続き急激に、光への過敏症、意識障害(意識がなくなること)、けいれん等の中枢神経系障害(脳の障害)を生じます。
大多数の方は、無症状に終わりますが、脳炎を発症した場合20~40%が死亡に至る病気といわれています。
日本脳炎は、国内でどのくらい発生していますか?
昭和50年代~平成3年までは50名を超える発生があった年もありましたが、平成4年以降の報告患者は年間10名以下です。
健康被害の救済制度
ワクチンの接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障がいを残すなどの健康被害が生じた場合には、申請することにより補償を受けられる場合があります。詳しくは接種した医療機関にお問い合わせください。