トップページ市民の皆様へ高齢者用肺炎球菌ワクチン接種について

市民の皆様へ

高齢者用肺炎球菌ワクチン接種について

平成26年10月1日より高齢者肺炎球菌ワクチンは定期接種になりました
対象者
札幌市内にお住まいの
①.65歳の方
②.60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方
※すでに任意で23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(商品名:ニューモバックスNP)を1回接種したことがある場合は対象外です。
※経過措置として、平成26年度から平成30年度までの間は、各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方が対象です。
→詳しくは札幌市のホームページをご覧ください。
経過措置:平成28年度対象者は下記のとおりです。
【65歳】昭和26年04月02日生~昭和27年04月01日生の者
【70歳】昭和21年04月02日生~昭和22年04月01日生の者
【75歳】昭和16年04月02日生~昭和17年04月01日生の者
【80歳】昭和11年04月02日生~昭和12年04月01日生の者
【85歳】昭和06年04月02日生~昭和07年04月01日生の者
【90歳】大正15年04月02日生~昭和02年04月01日生の者
【95歳】大正10年04月02日生~大正11年04月01日生の者
【100歳】大正05年04月02日生~大正06年04月01日生の者
接種回数
1回
※定期接種では、23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(商品名:ニューモバックスNP)を使用します。
接種費用
4,400円
※対象者が札幌市の実施医療機関で接種した場合は、4,400円です。
※市民税非課税世帯の方、生活保護受給世帯の方等は証明書類の持参で自己負担額免除になります。
※接種を希望する場合は、必ず実施医療機関にお問い合わせください。
高齢者用肺炎球菌ワクチン接種実施医療機関名簿
Q&A
肺炎球菌感染症とはどんな病気ですか?
 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。
肺炎球菌感染症をワクチンで予防することは可能ですか?
肺炎球菌には93種類の血清型があり、定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。
ワクチンの接種によってどのような副反応が起こりますか?
 主な副反応として、注射部位局所反応(疼痛、発赤、腫脹、かゆみ)、頭痛、腋窩(えきか)痛(わきの下の痛み)などが報告されています。このような症状に気づいたら、接種した医師にご相談ください。
健康被害の救済制度
ワクチンの接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障がいを残すなどの健康被害が生じた場合には、申請することにより補償を受けられる場合があります。詳しくは接種した医療機関にお問い合わせください。