水銀回収事業のご案内

札医事一発第9号
平成29年1月30日
病・医院長 各位
札幌市医師会
会長 松 家 治 道
「水銀回収事業」のご案内について
 厳寒の候、貴職におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素より、当会の諸活動に対しまして、格別なご理解・ご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび当会では、平成25年10月に採択された「水銀に関する水俣条約(水銀の規制について定めた国際条約)」に基づき、血圧計、体温計等の水銀含有製品が、平成32年12月末日までに製造、輸出、輸入を原則禁止されることを受け、医療機関等で不要となった水銀含有製品の安全な回収事業を行なうことといたしました。
 つきましては、本事業を行なうにあたり、回収事業に関するアンケートを実施し、保有状況及び廃棄量を把握するとともに、コストを試算したのち、事業を展開したいと考えております。
 詳細につきましては、下記の事業内容をご確認いただき、「アンケートフォーム」から水銀含有製品の保有の有無に関わらず、2月17日(金)までにご回答くださいますようお願い申し上げます。
アンケート回収は終了しました。

1.事業目的について

 環境省では、現在医療機関等に退蔵されている水銀血圧計等が集中的かつ効率的に回収されるよう必要な取組を進めていること、また、医療機関等が個別に廃棄しようとすると収集・運搬・処分料金が高額となること等から、当会としては、会員の医療機関等で不要となった水銀含有製品の安全な回収促進を後押しすることを目的に、水銀回収事業(以下、「事業」という)に取り組むこととしました。

2.水銀の廃棄処分について

 水銀血圧計や水銀体温計等を個別に廃棄処分(収集・運搬・処分)する場合は、許可を受けた事業者でなければ請け負うことが出来ません。特に水銀の処理・処分においては、日本で唯一「野村興産(株)イトムカ鉱業所/北見市留辺蘂町」のみが許可を受けておりますので、改めてご確認をお願いいたします。
 また、保管されている機器の水銀が露出したままの状態ですと、水銀が揮発し、健康被害(暴露)を誘発する恐れがございます。ビニール袋で密閉する等の対策がなされているかどうか、今一度ご確認をお願いいたします。

3.今回の回収事業について(予定)

  1. 回収対象物について
    今回の「事業」で回収する対象物は、水銀血圧計、水銀体温計及び補充用の水銀となります。
    上記以外のものは今回の「事業」の対象になりません。
  2. 回収期間について
    平成29年4月~5月頃を予定しています。
    なお、収集・運搬の都合上、回収期間を過ぎたものは今回の「事業」の対象にはなりませんので、個別に対応していただくことになります。
  3. 回収場所について
    後日、当会が指定した場所に持参していただきます。
    なお、法律上、持参以外の手段(郵送や宅配等)で移動させることは禁止されています。
  4. 回収運搬料金について
    料金は総回収量により変動する可能性がありますが、おおよそ以下の通りです。
    1. 水銀血圧計1台あたり ≒ 2,160円(税込) ※キャスターは除く
    2. 水銀体温計1本あたり ≒ 1,080円(税込)
    3. 補充用水銀10kg以内 ≒ 5,000円(税込) ※容器も含めた重量
  5. その他
    「事業」の詳細な案内は、後日、「事業」への参加意向があった医療機関に対して改めてご通知いたします。その際、産業廃棄物処理に関する当会への委任状をご提出いただきます。委任状回収後は、当会と当会が選定した委託業者と産業廃棄物処理委託契約(収集・運搬・処理・処分)を一括で締結いたします。(ただし、排出事業者としての責任は各医療機関が有します。)
    その他、ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせ下さい。
水銀血圧計・水銀体温計