札幌市医師会について

医師会の歩み


昭和40年~昭和64年

昭和40年01月01日 中村 光慶会長就任
昭和40年11月15日 「札医通信」創刊号発刊
昭和41年02月13日 西支部設立総会、東支部設立総会、北支部設立総会
昭和41年02月20日 中央支部設立総会
昭和41年03月 奥田奨学資金制度発足(看護専門学校)
昭和41年03月20日 第1回定時代議員会開催
昭和41年04月01日 札幌市医師会四支部制の発足
昭和41年04月23日 長期勤続表彰者招待旅行(杏花会主催)
昭和41年08月05日 時局対策積立金発足
昭和41年09月15日 「老人の日」無料診療
昭和41年10月27日 札幌市医師会医療責任問題処理特別委員会設置
昭和41年11月06日 関場不二彦生誕百年記念会、関場理堂選集刊行
昭和41年11月23日 第1回定時総会(会員数757名)
昭和41年12月29日 会員家族従業員親睦忘年会
昭和42年04月01日 目良 亮三会長就任
昭和42年04月01日 札幌市医師会年金制度発足
昭和42年05月20日 健保法改悪反対・医療費緊急是正促進総決起大会
昭和42年05月20日 健保法改悪反対全国大会(日医、日歯、日薬共催)
昭和42年06月10日 健保法改悪反対札幌市民大会
昭和42年07月 町村金五北海道知事へ「健康保険に関する要望書」
昭和42年07月 岩本政一北海道議会議長へ「健康保険に関する請願書」
昭和42年08月08日 健保法改悪反対野外集会
昭和42年09月10日 新「札医通信」発刊
昭和42年09月10日 第1回四支部対抗ゴルフコンペ
昭和42年11月26日 新生医師会創立20周年記念式典・祝賀会
昭和43年04月01日 是安末四郎会長就任
昭和44年03月01日 医療危機突破全道医師大会
昭和44年05月23日 中央行動団上京(府県医師会幹部と懇談)
昭和44年06月19日 医療危機突破全道医師大会
昭和44年06月20日 第一次中央行動(日医武見会長と懇談)
昭和44年07月01日 中村光慶元会長札医葬
昭和44年12月16日 医療保険問題研修会
昭和45年04月 医政委員会の設置
昭和45年06月27日 日医に要望書を提出
・「一方的薬価基準切り下げに反対するとともに、薬価設定にあたっては日医主張の小包装を単位とする方式を全面的に支援する」
昭和45年10月17日 道医に要望書提出
・「診療報酬引き上げ再要求に関する要望書」
昭和46年02月16日 第一次中央行動団(日医会長と懇談、厚生大臣等と面会)
昭和46年04月01日 札幌市との新会館建設地の土地賃借契約締結
昭和46年04月10日 札幌市医師会新会館起工式
昭和46年05月22日 医療危機突破北海道医師大会
昭和46年05月26日 第1回札医医療危機突破対策実行委員会
昭和46年05月31日 保険医辞退届けを北海道知事に提出
昭和46年07月 札幌市と新会館運営について
・融資協定並びに急病センター・看護学校運営についての協定書締結
昭和46年07月01日 保険医総辞退闘争に突入
昭和46年08月 札幌市医師会のシンボルマーク決定
昭和46年08月01日 保険医辞退解除
昭和46年08月31日 札幌市医師会新会館上棟式
昭和46年10月13日 医療危機突破対策実行委員会(第10回)
・「中医協対策についての意見」を日医会長等に具申
昭和46年10月20日 札医医療関係従業員無料職業斡旋所認可
昭和46年11月01日 日医最高優功賞(地域医師会活動について著しく成果をあげた医師会
・札幌市医師会夜間急病センター
昭和46年12月13日 札幌市医師会新会館竣工
昭和46年12月30日 札幌市医師会夜間急病センター仮オープン
昭和47年01月15日 札幌市医師会新会館落成式・祝賀会
昭和47年01月15日 札幌市医師会夜間急病センター正式オープン
昭和47年02月14日 札幌市医師会附属看護学校看護婦科を看護婦養成所として指定
昭和47年04月01日 札幌市医師会附属看護学校看護婦科認可
昭和48年04月01日 医学研究奨励金制度発足
昭和48年09月15日 第12回十大都市医師会連絡協議会(札医会館ホール)
昭和48年11月 金森会長ポートランド医師会訪問
昭和48年11月23日 医療危機突破全道医師大会
昭和48年11月24日 中央行動団上京
昭和48年11月26日 療養担当手当大幅引き上げを知事に要望
昭和49年08月01日 札幌市医師会グループ保険(団体定期保険)発足
昭和49年08月18日 医療危機突破北海道医師大会
昭和49年09月29日 北海道医師会長賞・北海道知事賞(夜間急病センターの活動)
昭和49年11月01日 医学研修助成金交付
昭和49年11月17日 第1回札医文化祭
昭和50年03月12日 札幌市医師会附属看護学校看護婦科第1回生卒業式
昭和50年11月20日 「札医通信」発刊10周年
昭和51年02月14日 第1回札医医学会
昭和51年02月20日 支部制代議員制施行10周年
昭和51年04月01日 林武夫会長、就任
昭和51年04月01日 地域医療研究特別委員会発足
昭和51年04月01日 札幌市地域医療調査会発足
昭和51年04月01日 札幌市医師会附属看護学校奨学資金制度発足(奥田奨学資金名称変更)
昭和52年02月21日 急病センター5周年座談会
昭和52年04月 市民健康教育委員会設置
昭和52年10月01日 札幌市医師会附属専門学校創立20周年記念式典
昭和52年11月27日 札幌市医師会新生30周年記念式典・祝賀会
昭和53年03月15日 札幌市医師会史(明治・大正編)発刊
昭和53年04月01日 医師会史編纂委員会設置
昭和53年05月30日 札幌市災害救急告示医療機関協議会設立
昭和53年06月03日 医療危機突破総決起大会
昭和53年06月03日 座談会「札医の思い出」
昭和53年11月26日 札幌市医師会創立記念式典祝賀文化祭
昭和54年02月24日 第1回家庭医学講座を開催
昭和54年11月18日 札医文化祭
昭和55年01月 医療機関開設時等指導要綱制定
昭和55年04月6日 健保法改悪反対北海道大会
昭和55年06月21日 十大都市学校保健協議会(札幌市)
昭和55年12月 年末年始休日の二次救急体制施行
昭和56年07月 休日24時間体制二次救急システム施行
昭和56年12月11日 診療報酬改正に関する要望書を道医会長に提出
昭和57年04月01日 四支部制を再編成し八支部制施行
昭和57年09月16日 老人保健法等の要望書を道医会長に提出
昭和57年11月19日 地域医療実態調査
昭和58年03月10日 札幌市医師会史(昭和編)発刊
昭和58年04月01日 安倍保正会長、就任
昭和58年07月01日 老人保健法に基づく保健事業実施
昭和58年07月25日 瀋陽市医学友好交流団来札
昭和58年10月16日 国民医療破壊阻止全道大会
昭和58年11月11日 健保法改悪反対署名運動実施
昭和59年01月07日 土曜日午後の当番体制施行
昭和59年05月15日~ 札幌市医学友好交流団訪中(団長 安倍会長)
昭和59年05月15日 健保法改悪反対決起大会
昭和59年11月17日 札幌市長からの感謝状(地域医療・救急医療功労)
昭和60年04月01日 医療システム検討調査会設置
昭和60年06月25日 札幌医科大学からの感謝状(卒前研修施設)
昭和60年09月15日 第24回十二大都市医師会連絡協議会(札幌市)
昭和60年09月21日 夜間急病センターと尼崎医療センター附属休日夜間急病診療所が友好提携調印
昭和60年09月26日 第37回保健文化賞受賞(夜間急病センター)
昭和60年09月27日 安倍会長、天皇陛下拝謁(第37回保健文化賞受賞による)
昭和60年11月02日 北海道社会貢献賞受賞
昭和61年08月23日 保健文化賞受賞記念碑除幕式及び祝賀会
昭和61年09月09日 厚生大臣表彰受賞(救急医療功労者)
昭和61年10月14日 改正医療法に関する意見書を道医会長に提出
昭和61年11月29日 札幌市医師会創立記念式典(支部制・代議員制発足20周年記念)
昭和62年09月26日 北海道新医療計画素案に対する意見書提出
昭和62年11月14日 札幌市医師会創立40周年記念式典
・看護専門学校30周年、夜間急病センター15周年
昭和63年12月21日 医療情報システム検討調査会設置
昭和64年01月07日 札幌市医師会個人名刺交換会
・天皇崩御により新年交礼会の名称を改め開催