トップページ市民の皆様へインフルエンザ関連情報保育所における感染症対策ガイドライン抜粋

市民の皆様へ

保育所における感染症対策ガイドライン抜粋

2018年改訂版:厚生労働省

1.感染症に関する基本的事項

(3)学校における感染症対策
  • 学校における感染症対策は、学校保健安全法関係法令(学校において予防すべき感染症の種類、出席停止臨時休業等について規定)に基づき実施されている。
  • 保育所における健康診断及び保健的な対応は、学校保健安全法関係法令に準拠して実施されている。
出席停止期間の算定について

 出席停止期間の算定では、解熱等の現象がみられた日は期間には算定せず、その翌日を1日目とします。
 「解熱した後3日を経過するまで」の場合、例えば、解熱を確認した日が月曜日であった場合には、その日は期間には算定せず、火曜日(1日目)、水曜日(2日目)及び木曜日(3日目)の3日間を休み、金曜日から登園許可(出席可能)ということになります。

図1 「出席停止期間:解熱した後3日を経過するまで」の考え方

図1 「出席停止期間:解熱した後3日を経過するまで」の考え方

 また、インフルエンザにおいて「発症した後5日」という時の「発症」とは、一般的には「発熱」のことを指します。日数の数え方は上記と同様に、発症した日(発熱が始まった日)は含まず、その翌日から1日目と数えます(図2)。「発熱」がないにも関わらずインフルエンザと診断された場合は、インフルエンザにみられるような何らかの症状がみられた日を「発症」した日と考えて判断します。
 なお、インフルエンザの出席停止期間の基準は、「”発症した後5日を経過”し、かつ”解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過”するまで」であるため、この両方の条件を満たす必要があります。

図2 インフルエンザに関する出席停止期間の考え方

図2 インフルエンザに関する出席停止期間の考え方