乳がん・子宮がん検診を実施している医療機関の詳細につきましては
がん検診実施医療機関名簿 を確認ください。

乳がんは、乳房の中にある乳腺(母乳をつくるところ)にできる悪性腫瘍で、乳がんの発生や増殖には、「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが深くかかわっています。1年間に約68,000人が乳がんになり、年齢別にみると、30歳代から急上昇し、40歳後半から60歳代にもっとも多くみられます。また、乳がんで亡くなる女性は、1年間に約13,000人で、交通事故で亡くなられる方の2倍にもなります。

初期症状には、痛みや体調の悪化などの自覚症状はほとんどありませんが、“乳房のしこり、乳頭の変化、乳房の皮膚色の変化、脇の下のリンパ節の腫れ”など、そのほとんどが体の表面に現れるものなので、自分で見つけることができる可能性が高いがんです。また、乳がんは他のがんに比べてゆっくり増殖するものが多く、早期に発見すれば治る率が高いがんでもあるのです。

乳がんの発生しやすい場所としては、乳首を中心に乳房を4つに分けると、一番多いのは乳房の外側の上の方が約50%を占め、左右差の点では左の乳房の方が、がんができやすい傾向にあります。
また、乳がんは女性のがんというイメージが強いですが、まれに男性にも発生します。女性と比べて予後(治療の経過)が悪いことが知られています。


乳がんの直接的な原因については、まだはっきりしたことは分かっていません。
しかし、統計的な調査によって、乳がんの危険因子が次第に明らかになっています。

1.問診

生理周期などの月経の状況、妊娠や分娩、家族でがんになった人がいるか、などを確認します。

2.視触診

医師が、左右の乳房に差がないか、胸のしこりやひきつれの有無、リンパ腺の腫れなどをチェックします。

3.マンモグラフィ検査(乳房X線検査)
乳房を片方ずつプラスチックの透明な板で圧迫してはさみ、乳房を平らにして撮影します。 触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した小さな早期がんの発見に欠かすことのできない検査です。


子宮がんには、「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。ともに無症状で進むケースが多く、定期的な検診がとても重要です。
「子宮頸がん」は、年間約10,000人が発症し、約2,700人が亡くなっています。最近では、20〜30歳代の女性に増えており、主に性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の持続的な感染が原因となって発症します。
これに対して、「子宮体がん」は、年間11,000人が発症し、約2,000人が亡くなっており、一般的には50歳以上の閉経後の女性に多い病気です。


子宮頸がん検診の場合、アメリカでは85%、スウェーデンでは78.4%の女性が検診を受けているのに対し、日本では受診率が37.7%と、先進国の中でも極めて低いのが実情です。


1.問診

生理周期などの月経の状況、不正出血などの状況、妊娠や分娩、家族でがんになった人がいるか、などを確認します。

2.視診

内診台にて、子宮頸部の状態を目で確認し(視診)、子宮全体と卵巣・卵管などを触診で調べます(内診)。

3.子宮頸部細胞診

綿棒やブラシのようなものを膣内に入れ、子宮頸部の粘膜をなでるようにして細胞を取ります。ほとんど痛みは無く、短時間ですみます。

◎子宮体部細胞診
子宮内膜の細胞を少し取り、正常な細胞かどうかを顕微鏡で観察します。個人差はありますが、チクッとした痛みを感じる場合があります。

◎細胞診検査結果は、2〜4週間後にわかります。


一般社団法人 札幌市医師会
住所:〒060-8581 北海道札幌市中央区大通西19丁目1
TEL: 011-611-4181 FAX: 011-643-1511

Copyright (C) SAPPORO MEDICAL ASSOCIATION All rights reserved.