市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告
市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告
市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告
市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告 市民医療フォーラム2007開催報告

第1部 基調講演
松居 一代氏
講師 松居一代氏
前夫との離婚で多額の借金を肩代わりすることになったり、重度のアトピー性皮膚炎を抱えた息子との闘病生活、 自身が患った言葉が発せないほどの顔面麻痺など、多くの障壁を自分の強い意思で乗り越え、歩んできた人生をお話いただきました。 1日3回の食事がパワーの源であること、また、お掃除をする事によって家族に幸運を呼び込むことになると、 最後までエネルギー溢れる講演となりました。
第2部 健康トーク&パネルディスカッション
健康トーク@
丸山先生
丸山先生(五輪橋産婦人科小児科病院)
介護する側のストレスの軽減法を紹介され、感動すること、笑うことの大切さをユーモアを交えてお話されました。
  健康トークA
館石先生
館石 宗隆先生(札幌市保健福祉局)
認知症の人がどのような気持ちで日々を暮らしているかを紹介され、本人にとって居心地の良いケア、介護とはどのようなものかをお話をされました。
     
健康トークB
小坂先生
堀元先生(旭町医院)
今後の療養病床の削減について、スライドを使い判り易くお話いただきました。
  健康トークC
堀元先生
宮澤先生(ときわ病院)
日常の在宅医療の様子を写真でご紹介され、高齢者介護を社会全体の問題として考え、対処、行動する必要性をお話されました。

各パネラーの方々が、専門分野を基にして随所にユーモアを交えたお話をされ、最後まで会場全体が和やかな雰囲気に包まれていました。


以上、概要についてご報告いたしましたが、札幌市医師会は、今後も市民の皆様の健康を守るために、健康教育活動等さまざまな事業に取り組んでまいりたいと考えておりますので、医師会活動にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


お問い合わせ先
「市民医療フォーラム2007」事務局
〒060-8581 札幌市中央区大通西19丁目1 電話:011-611-4181 FAX :011-643-1511
Mail:fvbc6460@mb.infoweb.ne.jp